ささの葉合気会 あれこれ

ささの葉合気会ブログ。当会副道場長がたまに書いています。
<< 久々の投稿。令和になりました。 | main | 夏の終わりに秋が来る。 >>
広島講習会日記

無事、多田先生の広島講習会に行ってまいりました。

参加させていただくようになって、今回で6回目の広島講習会でした。

微熱があったので行くかどうか悩みましたが、本当に行って良かったです。

 

広島講習会は、多田先生のお話が近くではっきりじっくり伺える、

ものすごく貴重な機会です。

 

今回の講習会も本当に学びの多い時間でしたが、

今回得た一番大きかったことは、

やってきたつもり、出来ると思っていたつもり、理解していたつもり、

つもりつもりの皮がどんどんはがされ、

自分の甘さや、自分はまだまだ何も出来ていない、ということを実感したことでした。

多田先生のお話を通じ、講習会で色んな方々とのお稽古を通じ、

いつも内田先生が道場で教えて下さっていることが、

あらためて腑に落ちたり。

 

 

「基本は徹底的にやらないとダメだけど、

合気道の上達のために大切なのは瞑想的に動ける時があるかどうかだ。」

「一技10万回。(10万回なんて)すぐだ。」

「講習会で道徳的なことや宗教的なことは一切言っていない。

全て技術の事を言っているんだよ。

修身(道徳のこと)を教えられる人なんていうのは、

よっぽど偉い人か、よっぽど鈍い人だよ。

“気”というと、宗教やスピリチュアルな事のように思う人がいるけど、

技術の話をしている。

わかりにくければ、波動や宇宙のエネルギーなど、

自分のわかりやすい言葉に置き換えると良い。」

 

 

技の巧拙を問うてはならない、とは多田先生の教えにあることですが、

今回あらためて、人とあれこれ比べる事が、どれだけ意味無く、

あらゆる勘違いのもとになり、さらには武道的に弱いことか、

我が身を振り返り実感しました。

「専門書は読まない方が良い。惑わされるから。」と仰っていましたが、

専門書でなくても、SNSなどで、

感情的な自説を書かれてそれを目にすることがよくあります。

良い事も悪い事も、反応しないよう常に気をつけたいと思っています。

また自分の稽古の在り方に関しては、何かあれば今までもその都度考え直してきましたが、

今回は今までで一番、自分の在り方、

自分の稽古の在り方を原点に立ち返り、考え直す機会になったこと、

有難く思います。

 

 

多田先生の講義の時間にプリントを一枚頂いたので、

コピーして道場に用意しておきますね。

 

 

 

 

| - | 14:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE